teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


掲示板について

 投稿者:しゅん★  投稿日:2008年 7月17日(木)23時39分30秒
  勝どき書房の掲示板をご利用のみなさまにお伝えします。

今月に入りまして、勝どき書房に大きな仕事が入りまして、忙しいために
しばらく、掲示板に投稿をいただいても、管理者としてお答えができない
場合があると思います。

しかし、掲示板への投稿がありました場合はこれまで通り読んで、参考に
させていただきます。どうか、これまで通り、掲示板への投稿をよろしく
お願いします。
2008年7月17日 管理者 しゅん★
 
 

スコップ

 投稿者:しゅん★  投稿日:2008年 7月17日(木)21時40分23秒
  なるほど。そういうことですか。

しかし、いくらずさんでも、そこまでおかしなことはしないと思います。
なにしろ45年も前のことですから、いまあるもの「映像」とか「写真」
「証言」を事実として認めることから出発しなければならないと
わたしは考えます。
疑えば、いくらでも疑えますが、死体発掘に使ったスコップを証拠として
撮影するようなことまで想像はできないし、しなくてもいいことだと
わたしは思います。
でも、想像は自由ですから、それをだめだとはいいませんが、そこまで
想像することはわたしにはできません。
 

再度、写真のスコップ

 投稿者:禅 公案  投稿日:2008年 7月17日(木)21時03分58秒
  そうではないのです。
殿岡様が言われる、「死体解剖の際に撮影したスコップ」が、
同じく、「5月4日」の「死体発掘時に使用したスコップ」が、解剖の現場にまで
持ち込まれ、間抜けなことかもしれませんが、「死体発掘に使ったスコップ」を、
「解剖時に写真撮影した」可能性も否定できないのでは、ということです。
 

スコップ

 投稿者:しゅん★  投稿日:2008年 7月17日(木)20時53分37秒
  死体解剖の際に撮影したスコップであることは間違いないでしょう。当時の捜査がずさんだとしても、解剖時に撮影した事実までを否定することは難しいですね。  

写真のスコップ

 投稿者:禅 公案  投稿日:2008年 7月17日(木)20時15分40秒
  殿岡様、最新号の「コラム・ゆりかもめ」を読みました。

≫5月4日に撮影されたとされる、善枝さんの死体解剖時のA司法警察員の写真には、スコップが写っていると、前々回の「コラム・ゆりかもめ」で触れた。この写真に出てくるスコップの泥の模様は、11日に見つかった「朝日ニュース昭和映像」のスコップの泥とは明らかに違うものだ。別のスコップと考えられる。

とのことですが、あまり考えられないことかもしれませんが、狭山事件の捜査側の当時のずさんな体制を考えますと、「5月4日に撮影されたとされる写真のスコップ」は、「埼玉県警が5月4日の死体発掘に使用したスコップ」の可能性もあるのではないでしょうか。「無実の獄」23ページの写真に、埼玉県警機動隊員が手にしているスコップが写っています(ちなみに、この写真のスコップは、「Y柄」のスコップのようですが)。
 

スコップについて

 投稿者:しゅん★  投稿日:2008年 7月12日(土)01時39分27秒
  禅公案さま、情報をありがとうございます。

スコップについては、いろいろと疑問が出ておりまして、わたしとしましては
今後、さまざまな事実関係を調べていこうと考えております。

ご指摘のことを参考にして、いきたいと思います。
 

訂正です

 投稿者:禅 公案  投稿日:2008年 7月11日(金)22時22分16秒
  すみません。先ほど投稿しました文面に、文字化けがあったようです。

●「無実の獄」28ページの「潤・8」の写真

 ⇒28ページの「番号が48」の写真

●「潤・0」の写真

⇒「番号が50」の写真

●潤・8と潤・0は、

⇒「番号48」と「番号50」

●潤・T0のスコップ

⇒「番号が50」のスコップ


●「無実の獄」の28ページの写真(潤・S8と潤・T0)

⇒28ページの写真(番号が48・50)

●7ページの写真(潤・R)

⇒7ページの写真(番号が3)

となります。
(ナンバーを英語表記で記載したり、半角の数字で記載すると、
 文字化けとなるようですね)

失礼いたしました。
 

スコップの同一性

 投稿者:禅 公案  投稿日:2008年 7月11日(金)22時12分27秒
  殿岡様
スコップの写真について「投稿」があった、とのことですが、その「投稿」の文面に即して、気づいた点を書かせていただきます。

≫~。これらの写真は実況見分の写真とはだいぶ違うように思えます。
麦畑で横になっている状態のスコップも、あとで別のスコップを置いたのか、見つかったときのそのままなのか。また、2本並んで置いてあるのが、同種のものと書いてあるが、なぜ同種のものを2本並べて置いたのを写真に撮って、この本に載せたのか、理由は分かりません。スコップの映像に出てきたものと、同じとは思えないです。それもホンモノかどうか、分かりません。謎だらけです。

◆「無実の獄」28ページの「№48」の写真の「スコップ(発見されたとされるもの)」に
 関し、「№50」の写真のスコップは「発見されたスコップ」と同種のもの、とあります。
 この「同種のもの」とのキャプションは、「誰の」判断によるのでしょうか。
 警察の判断だとすると、その情報の出所を確認する必要があります。
 №48と№50は、スコップを撮影した角度の違いはあるにしても、スコップの「取っ手」の
 「柄」の部分の形が、異なるように見えます。また、№50のスコップの「金部分」とな る「刃先」の形は、縦長にみえますが、朝日ニュースの映像のスコップの「金部分」は
 「横長」(幅広)に見えます。


≫石川さんが持っている写真のスコップはまったく関係ないものでしょう。事件と無関係の現場で働いている石川さんを友人が撮影したのではないでしょうか。

◆「無実の獄」7ページの写真に関し、私が不思議に思うのは、
 この写真の「撮影日」が、「逮捕前日の5月22日」であると、されていることです。
 あまりにも偶然すぎないか、と思うのですが。
 いったい、誰が撮影したのでしょうか。

上記の書きました、「無実の獄」の28ページの写真(№48と№50)及び、
7ページの写真(№3)については、その写真の「出所」と、各写真に書かれた「キャプション」の根拠について、「無実の獄」の「編者」や「発行者」に確認することはできないのでしょうか。殿岡氏が、仮に、解放出版社等にお知り合いがいらっしゃるなどしましたら、
お聞きいただければ、幸いなのですが。
 

スコップについて

 投稿者:しゅん★  投稿日:2008年 6月28日(土)01時20分33秒
  禅公案さま

先日、スコップの写真について投稿がありました。

「スコップについては、関連書籍の写真を見ての、わたしの思いつきとなってしまいますが、
「無実の獄」28ページで、真ん中の写真(●「スコップ」が見つかった時の状態)のスコップのとっての「柄」の部分は、「大きく開いている」ように見えます。しかしながら、同一ページの下の写真(●発見されたスコップと同種のもの)のスコップのとっての「柄」の部分は、「開きが狭い」ような気がします。「真ん中の写真」の「柄」の開き具合は、下田氏の「狭山裁判」69ページのスコップの「柄の開き具合」に似ているような気がします。
「スコップ」のとっての「柄」は、「Y柄」と「A柄」があるようですが、そういった重要な特徴の記載のない「実況見分」は不備があると思います。
関係ないかもしれませんが、「無実の獄」7ページの写真で、石川さんが手にしているスコップは、誰の、どこのスコップなのでしょうか(「柄」の部分を見ますと、「A柄」のように見えます)。」

というものですね。これらの写真は実況見分の写真とはだいぶ違うように思えます。
麦畑で横になっている状態のスコップも、あとで別のスコップを置いたのか、見つかったときのそのままなのか。また、2本並んで置いてあるのが、同種のものと書いてあるが、なぜ同種のものを2本並べて置いたのを写真に撮って、この本に載せたのか、理由は分かりません。
スコップの映像に出てきたものと、同じとは思えないです。それもホンモノかどうか、分かりません。謎だらけです。石川さんが持っている写真のスコップはまったく関係ないものでしょう。事件と無関係の現場で働いている石川さんを友人が撮影したのではないでしょうか。
 

スコップについて

 投稿者:しゅん★  投稿日:2008年 6月22日(日)01時14分6秒
  たしかに、よく見ると画面の明暗が少し違いますが、映像のスコップは同じものと思えますね。同じフィルムを逮捕の時にも再利用したのでしょうか。
さて、そうなると最初に映像化された時に、なぜ麦畑での撮影を許したのだろうか、という問題があります。証拠として実況見分をした時刻は7時半ということですから、その後でなければおかしいですね。ところが、写している時刻は明るいです。このあたりが謎ですね。
 

スコップの画面

 投稿者:禅 公案  投稿日:2008年 6月21日(土)07時10分4秒
  ≫送っていただいた映像も初めて見ました。ここにもスコップが出ていましたが、
 これがいつ撮影したものか、ちょっと分かりません。

「逮捕前」と「逮捕直後」の各映像の「スコップを人物が手にもち、供覧している画面」ですが、画面の明度に違いはありますが、背景の麦畑の様子、人物の服装、スコップの持ち方・見せ方、などを比較しますと、両者は、「同一」の映像フィルムを使用していると思われるのですが。
 

禅公案さま

 投稿者:しゅん★  投稿日:2008年 6月19日(木)23時04分28秒
  送っていただいた映像も初めて見ました。ここにもスコップが出ていましたが、
これがいつ撮影したものか、ちょっと分かりません。もしかすると23日に石川さんが
逮捕されてから、捜査本部へ行って撮影したかもしれません。麦畑で撮影したのは
見つかった直後でしょう。実況見分したスコップをわざわざ麦畑まで持って行って
撮影することは考えられません。ふつうは見分した証拠品は外に持ち出さないですから
麦畑では撮影できないと思います。このあたりが謎ですね。次回のコラム・ゆりかもめ
で、少し検討しようと思いますが、狭山事件関係の資料が遠いところにあり、次回
に間に合うかどうか。いずれにしても、この映像も重要な資料ですね。ありがとう
ございます。
 

引き続き、スコップの謎

 投稿者:禅 公案  投稿日:2008年 6月19日(木)22時36分27秒
  殿岡様
最新号の「コラム・ゆりかもめ」を拝見しました。
以前、「事件ブログ」のサイトのコメント欄に、計6本のニュース映像を掲載させていただいている旨を、本掲示板にコメントいたしましたが、
「日映ライブラリー」の「朝日ニュース昭和映像」のアーカイブサイトの、以下のニュース映像を殿岡様はご覧になりましたでしょうか。

◆逮捕直後
http://j-footage.vox.com/library/video/6a00d41420c1f0685e00d41430aeb53c7f.html

上記の映像の中にも、「逮捕前」の映像と同様に、「5月11日の午後」に発見されたとされる「スコップ」の映像が出てきます。
「逮捕前」と「逮捕直後」の「スコップ」の各映像を比較しますと、
同一の映像を使用していると思われますが、「逮捕直後」の映像の画面は「暗く」、
日没直前の映像のようにも見えます(日没後の映像でないことは共通していると思いますが)。
「5月11日 午後6時40分~午後7時30分」の実況見分が終了しているにもかかわらず、「逮捕前」の映像(公開日:5月15日)、「逮捕直後」(公開日:5月29日)のいずれの映像も、「実況見分」の対象となったスコップと同一性が疑われる「スコップ」の映像を使用していることになります。

≫昼間に見つかったスコップをニュースカメラマンが撮影し、別に見つかったスコップは午
 後7時半過ぎに実況見分を終え、最終的に証拠となったという仮説も成り立つのではない
 か。

との殿岡様の仮説についてですが、「昼間に見つかったスコップ」について、「実況見分」をしなかったとしますと、その理由は何なのでしょうか。

スコップについては、関連書籍の写真を見ての、わたしの思いつきとなってしまいますが、
「無実の獄」28ページで、真ん中の写真(●「スコップ」が見つかった時の状態)のスコップのとっての「柄」の部分は、「大きく開いている」ように見えます。しかしながら、同一ページの下の写真(●発見されたスコップと同種のもの)のスコップのとっての「柄」の部分は、「開きが狭い」ような気がします。「真ん中の写真」の「柄」の開き具合は、下田氏の「狭山裁判」69ページのスコップの「柄の開き具合」に似ているような気がします。
「スコップ」のとっての「柄」は、「Y柄」と「A柄」があるようですが、そういった重要な特徴の記載のない「実況見分」は不備があると思います。
関係ないかもしれませんが、「無実の獄」7ページの写真で、石川さんが手にしているスコップは、誰の、どこのスコップなのでしょうか(「柄」の部分を見ますと、「A柄」のように見えます)。

上記の点、前回に書きました、スコップの「金部分」のサイズの点などを考えますと、
「スコップ」については、本当に、なぞ・疑惑があると思います。
 

スコップについて

 投稿者:しゅん★  投稿日:2008年 6月13日(金)00時42分29秒
  禅公案さま
貴重なデータを教えていただき感謝します。これらの書籍はわたしも持っておりまして、一度は読んでいるはずなのですが、スコップについてここまで深く考察したことがなかったので、すっかり忘れていました。
具体的なデータなので本当に参考になります。一連の「朝日ニュース映像」を見なければここまで関心を持たなかったと思いますが、おかげでわたしもスコップについて考え直すことができます。
これまで気にしなかったことなのですが、なにかの本で「スコップが実際には2本見つかっているのに、犯人が単独犯と分かった時点で1本にしてしまった」という文章を読んだ記憶があります。それが事実かどうか、現時点では確認できないのですが、もしそうなら朝日ニュースの映像に出ているスコップと実況見分の対象となったスコップが違うのかもしれないです。ニュース映像にあるスコップは豚にエサをやるには都合のいい幅広に見えます。禅公案さんが指摘しているように、同じスコップではないかもしれないですね。
 

スコップの疑惑

 投稿者:禅 公案  投稿日:2008年 6月12日(木)22時18分41秒
  朝日ニュース映像の「スコップ」については、以下の疑問点があります。

野間宏氏「狭山裁判(上)」(藤原書店)の506ページに記載の「実況見分調書」によりますと、
(1)実況見分の日時:昭和38年5月11日
           午後6時40分~午後7時30分のまで

(2)スコップの形状
  ①大きさ:「長さ」98㎝・「刃先」28㎝・「巾(幅)」23.5㎝
  ②金の部分には「裏表共」黒っぽい泥土が着いていて一部刃先は光っている

上記の「実況見分」と、朝日ニュース映像の「スコップ」を比較しますと、
(1)との関係では、「実況見分」が終了するまでは、発見場所から、スコップを
  素手でもって、映像に映すようなことをするはずはないと思われます。
  しかしながら、ニュース映像では、発見現場と同じく「麦畑」の中で、「スコップ」を
  手にしていますが、その映像は、「まだ日が明るい時刻」のように思えるのですが。
  実況見分の終了時刻の午後7時30分の時点では、すでに日が暮れ、あたりは暗くなっ
  ていると思われるのに、なぜ、朝日ニュース映像の画面は、日が暮れた時刻には思えな
  いのですが。

(2)のスコップの形状の測定記録によりますと、「金部分」となる「刃先」より「巾」の
  ほうが「4.5㎝」も短いことになります。
  しかしながら、ニュース映像のスコップは、「巾」がかなりあるように見え、すくなく
  とも、「刃先」より「巾」のほうが「4.5㎝」も短いとは、とても思えないのです
  が。

  また、実況見分では、「金の部分」は「裏表共」黒っぽい泥土が着いている、とありま
  すが、ニュース映像のスコップは、裏表ともに、それほど泥土が着いているとは見えな
  いのですが(程度問題で、言葉の表現の問題とも思えますが)。


前回のコメントで記載した「下田氏」の著作の掲載写真の「スコップ」、
解放出版社の「無実の獄」28ページのスコップの写真などを含めて考えますと、
1.スコップ発見場所の麦畑の所有者によって「発見されたとされる」スコップ
2.「実況見分」の対象とされたスコップ
3.「無実の獄」に掲載のスコップ
4.養豚場から盗まれたとされるスコップ
5.朝日ニュース映像のスコップ
以上の1~5の同一性、それ自体が怪しいと思えます。
 

スコップについて

 投稿者:しゅん★  投稿日:2008年 6月11日(水)23時52分17秒
  下田氏の写真はわたしも見ましたが、たしかに汚れが多いように見えます。それと、映像の写真との違いは分かりませんが、麦畑で撮影したほうがより真実に近い映像と思えますね。いずれにしても、スコップがそこで見つかることがおかしいのではないでしょうか。あのような深い穴を掘った理由は真犯人でないと分からないことなのでしょうが、「狭山事件の真犯人」で上月町子が推理しているように、深い穴を掘らなくてもイモ穴に隠すだけで十分だったと思います。  

芋穴と農道

 投稿者:禅 公案  投稿日:2008年 6月11日(水)21時17分17秒
  最新号の「コラム・ゆりかもめ」を拝見しました。
農道を掘るのに、犯人が使用したとされる「スコップ」につきましては、裁判では、スコップについていた「土壌」の問題だけが取り上げられていますが、殿岡様がご指摘のように、そもそも、発見された「スコップ」で掘ることが、犯行後の限られた時間の中で可能だったのか、について、十分な検証はなされているのでしょうか。
朝日ニュース映像に映っている「スコップ」についてですが、下田氏の「狭山事件」(新風舎文庫)69ページの写真で紹介されている「スコップ」は、白黒写真ですが、土・ドロがかなり付着していて、朝日映像のスコップと比べて、十分に汚れているように見えます。朝日映像の「スコップ」は、発見されたスコップそれ自体ではなく、同種類のスコップをサンプル的に写したものなのでしょうか。

また、素朴な疑問なのですが、そもそも、犯人は、なぜ、リスクをおかしてまで、あのような深い穴を掘って、遺体を埋めたのでしょうか。一時保管場所とされている「芋穴」は、3メートルの深さがあり、コンクリートのふたまであるので、発見されにくい、という点では、十分なはずで、むしろ「農道」のほうが、人が通れば、土の状態の変化にきずき、遺体が見つかる可能性は高いのではないのでしょうか。少なくとも、被害者の「身近な人」ではなく、「赤の他人」が犯人ならば、わざわざ、あのような穴を掘って、遺体を埋める必要があったのでしょうか。
 

脅迫状について

 投稿者:しゅん★  投稿日:2008年 5月31日(土)19時10分17秒
  脅迫状の映像はおそらく警察が写真に撮ったのを各社に配ったものを撮影したのだと思いますが、ニュース社が訂正の部分を写さなかったのか、それとも警察がマスコミに渡す場合に、故意に前段の訂正部分を隠して写したものを配ったのか、どちから分かりませんが、訂正の部分は見えません。禅公案さんはよく気が付きましたね。わたしはそこまで気が付きませんでしたが、もし故意に隠して配ったとしたら、どういう意味が隠されているのか、検証しなければならないと思います。
映像はどんな厚い本よりも語る部分が多いですね。じっくりと見ていきたいと思います。
 

「脅迫状」の見えない文章

 投稿者:禅 公案  投稿日:2008年 5月31日(土)10時39分53秒
  5月25日の私のコメントに掲載しました、「事件発生直後」のニュース映像についてですが、気になる点がありました。
「脅迫状」の訂正箇所がどうなっているかを映像でも確認しようとしましたところ、これまで気づかなかったのですが、映像の「脅迫状」の本文は、「子供の命が~」で始まる1行目から5行目までが欠落していて、6行目からの文章しか映っていませんでした。脅迫状の訂正箇所は、この脅迫状の重要な特徴となるので、捜査上の理由から公開しなかったと思います。しかしながら、訂正箇所の部分を非公開としたのが、いわゆる「秘密の暴露」等の純粋に捜査上の理由だけではなく、何らかの「警察の失態」に関連する理由だとしたら、その理由は何だろう、と思いました。
 

スコップの汚れ

 投稿者:しゅん★  投稿日:2008年 5月29日(木)23時32分29秒
  麦畑で見つかったスコップは、禅公案さんが指摘した通り、あの深い穴を掘ったとは思えない感じでした。この映像もわたしは初めて見ました。貴重な情報を提供していただいて感謝します。
4日に死体が見つかり、その前後に周辺は山狩りをしていたので、11日まで見つからなかったことが不思議だという説がありましたが、このスコップの映像と、11日という日付を考えますと、これは死体発見後の5日から10日にかけて新たに置いた可能性が強いとも思えます。この問題も近くコラム・ゆりかもめで取り上げようと考えます。
見つかったスコップを素手で持つ警官の姿、それもカメラマンの前で証拠品を見せてしまう状況はいまでは考えられないですね。驚きました。
 

スコップの「汚れ」

 投稿者:禅 公案  投稿日:2008年 5月29日(木)21時44分26秒
  同じく、「日映ライブラリー」の「朝日ニュース昭和映像」のアーカイブサイトの、以下のニュースも、「事件ブログ」のサイトに掲載いただいておりますが、こちらのニュース映像を殿岡様はご覧になりましたでしょうか。

◆逮捕前
http://j-footage.vox.com/library/video/6a00d41420c1f0685e00d09e647d89be2b.html

上記のニュース映像の中で、麦畑の中で発見されたとされる「スコップ」の映像があります。その「スコップ」を見て、疑問に思った点がございます。
①ある人物がスコップを手にも持つシーンがあります。そのスコップを映している映像の背
 景は「麦畑」ですので、警察がスコップを麦畑で発見して間もない時点の映像と思われま
 す。したがって、犯人が、被害者の遺体を埋める穴を掘るために使用したものを麦畑の中
 に放置した、そのままの状態のはずと思われます。それにしては、「スコップ」があまり
 汚れていないことに違和感を覚えました。白黒映像なのではっきりとはいえませんが、ス
 コップの金属部分の「先」のほうだけ黒くなっていて、裏側も見せていますが、裏側も黒
 い部分はまばらでしかないように見えます。あれだけの深い穴を掘るのに使用したスコッ
 プにしては、汚れ具合が乏しいのではないのでしょうか。
②映像の中で、スコップを持っている人物の手は、「素手」のように見えます。重要証拠物
 件を平気で素手で扱うような、「捜査レベル」だったことを思わせます。
 

顔見知りについて

 投稿者:しゅん★  投稿日:2008年 5月28日(水)22時46分42秒
  禅公案さんの疑問に思った点はたしかにその通りです。父親が「顔見知りに違いない」という言葉になった理由はなんなのか、もう少し深く検討したいと思います。これまでにも、父親の「顔見知りに違いない」という言葉は、なんどか読んで知っていましたが、連次さんもそれをいっていたのは、このニュース映像で見たのが初めてでした。
そのほかにもニュース映像は、様々な情報を伝えています。しばらく、コラム・ゆりかもめなどで検討していければと考えます。
禅公案さんも気が付いたことがありましたら、教えてください。短い映像なのですが、たくさんのデータが隠されているように思えます。
 

「顔みしり」の根拠

 投稿者:禅 公案  投稿日:2008年 5月28日(水)21時22分16秒
  「コラム・ゆりかもめ」の最新号を拝読させていただきました。

≫4日に自宅で行われた死体解剖の直後に記者団に囲まれた連次さんの映像が出ていて、そこで連次さんの声が聞こえてくる。
◇「おそらく顔は知っている人じゃないか」ということは父ははっきりといいました。だから「犯人がつかまっても写真も見たくないし、犯人とも会ってみたいとも思わない」と父はいっています。

被害者の長兄がインタビューで話した上記の内容に関し、以下の疑問を感じました。
①被害者の父は、なぜ、「犯人は顔みしり」と思ったのでしょうか。
 『善枝は見知らぬ男の誘いに乗るような娘ではない。』から、『犯人は顔見知りに違いな
 い』と思ったのでしょうか。
 しかしながら、「善枝の顔みしり」=「父の顔みしり」とは限りません。たとえば、かり
 に、犯人が「善枝の知り合いの男子」だった場合、その男子は、善枝にとっては、「顔み
 しり」なので、「誘いに乗る」可能性がありますが、その男子を父は「知らない」(=「顔みしり」ではない)ことも考えられるからです。

 上記の映像での長兄のコメントが、「死体解剖の直後」であることを考えますと、父が「犯人は顔みしり」と思ったのは、「被害者の埋められ方(遺体への数々の「仕掛け」)」
 や、「被害者の遺体の状態(顔、体の傷、あざ等)」の状況を父がみて(知って)、その
 ことをもって、「犯人 は顔みしり」と思った、ことも考えられるのではないでしょう
 か。

②被害者の父は、「犯人は顔みしり」であると「はっきりと」言い、「犯人の写真も見たく
 ない」と思ったのはなぜなのでしょうか。
 仮に、父が「犯人は顔みしり」と思ったのが、上記①の「遺体の埋め方、遺体の様子」や 「見知らぬ者の誘いに乗るはずがない」といった理由を根拠にしていたのであれば、「お
 そらく犯人は顔みしりである」と「はっきりと」言ったり、犯人の「写真」も見たくな
 い、とまで発言するでしょうか。
 父は、「犯人」が「身近な人間(親族、関係者等)」であることを「何らかの別の理
 由・情報」で、すでに知っており、父は「犯人の顔」を「具体的に想像していた(思い描
 いていた)」からこそ、犯人について「はっきり」と語り、「写真も見たくない」とまで
 発言したのでは、と思ってしまいました。
 

メガネについて

 投稿者:しゅん★  投稿日:2008年 5月27日(火)00時16分6秒
  たしかにメガネをかけていますね。しかし、別の写真ではメガネをかけていません。おそらく禅公案さんが見たものと同じ写真ではないでしょうか。メガネをかけていないときと、かけているときがあるようですね。
メガネには気が付きませんでした。たしかに、検討の価値がある問題ですね。一つのニュース映像ですが、見れば見るほど考えるところがあります。脅迫状の映像もありました。これもじっくり見るとなにか分かるかも知れません。
 

メガネと暗闇・雨

 投稿者:禅 公案  投稿日:2008年 5月26日(月)22時26分23秒
  ニュース映像を見まして、気になった点がありました。
それは、狭山事件関係の別の資料(毎日新聞)によりますと、ある人物は、「メガネ」を
かけていませんでした。ところが、ニュース映像で、ある人物は、「メガネ」をかけて
いました。事件発生当時、コンタクトレンズなどは、実用化はされていても普及はしていないはずなので、「メガネ」が必要な人は、「暗闇」でも「雨の中」でも、メガネをかけていたことが考えられますが、たとえば、メガネをかけている人が「暗闇」の中に現れた場合、その人物を見た人は、「メガネ」のレンズが「光ったり」すれば、そのことに気がついたのでは、といったことを思ったりしました。
 

禅公案さま

 投稿者:しゅん★  投稿日:2008年 5月26日(月)12時55分40秒
  ニュース映像をよく見ますと、いろいろと思うことがありますので、次回のコラム・ゆりかもめで少し触れてみたいと思います。ちょっとお待ちください。
また、禅公案さんの感想もなにかありましたら、投稿をお待ちしております。
 

禅公案さま

 投稿者:しゅん★  投稿日:2008年 5月25日(日)23時13分21秒
  貴重なニュースフィルムを見せていただき感謝します。
発生から自殺者が出たところまで、まとめてありますので
当時映画館で上映したニュースですね。

自転車が物置の前に置いてあるところを撮影できたのは
警察が証拠品として押収しなかったからでしょう。

当時の景色が分かり、現在とあまりに違っていることが
分かります。とても参考になるフィルムです。
ありがとうございました。
 

狭山事件のニュース映像

 投稿者:禅 公案  投稿日:2008年 5月25日(日)07時29分17秒
  続けての投稿となりますが、以下に、「日映ライブラリー」の「朝日ニュース昭和映像」の
サイトから、狭山事件の事件発生時のニュースのURLを掲載いたします。

◆事件発生直後
http://j-footage.vox.com/library/video/6a00d41420c1f0685e00d41430ad313c7f.html

恐れ入りますが、上記のサイトをご覧になって、何か気付かれることはないでしょうか?
 

捜査と捕物帳

 投稿者:禅 公案  投稿日:2008年 5月24日(土)09時15分58秒
  ご返信いただきまして、ありがとうございました。

1.自転車の点につきましては、当時のずさんな捜査状況を考えますと、殿岡様のご推測の ように、発見後も、被害者の自転車をそのまま納屋に放置して、警察で管理していなかっ
 たことも考えられます。
 2008年 4月29日(火)に、この掲示板に投稿された「事件関連ブログ管理人」様のブログ
 に掲載させていただいたのですが、当時の「朝日ニュース」のナレーターが、狭山事件の
 捜査を「いまだに『捕物帳』時代を脱していない」とナレーションしていますが、
 仮に狭山事件を、「半七」や「銭形平次」が担当していれば、きっと真犯人を摘発してい
 たことでしょう。

2.被害者の運搬方法については、かねてから疑問に思っていました。
 遺体発見場所の「農道」の付近で、「殺害」の実行行為が行われたのでなく、殺害現場と
 「農道」との離れた場所にあったとしますと、犯人は、被害者の遺体を相当の距離、運搬
 することになりますが、犯人自身が遺体を抱えて運ぶことは、かなりの無理がある、と思
 われるからです(通常、生きている人間を抱きかかえる場合に比べ、死体を抱きかかえる
 ことは、運搬者に相当な重量がかかるといわれます)
 単純に考えますと、犯人は被害者の遺体を「車(自動車)」にのせて運搬した、というこ
 とが思い浮かびます。
 

禅公案さま

 投稿者:しゅん★  投稿日:2008年 5月24日(土)03時36分25秒
  事実関係が問題となるご質問ですが、禅公案さまもご存じのように「自転車」のことについては、警察による書き残した文章をわたしは読んでおりません。
ただ、当時のことを書いてある様々な書物によりますと、どうも自転車は警察の管理下になかったようです。ですから、自転車を証拠品として撮影した写真も自宅にあるものをそのまま写しているようです。
管理下に置くとしたら、だれにも触れることができないようにただちに警察に持っていくのが当然でしょうが、当時の警察はこれがそれほど重要だと考えなかったようです。ゴムひもが外れていたり、ざぶとんがなくなったり、いろいろと問題があったのですが、これに疑問を持つようになったのは後のことのようです。
次に、遺体が雑木林付近にあったとして、農道までどのように運んだかという問題ですが、一般的に殺害現場とする雑木林から農道までかなりの距離がありますが、もともとこの雑木林で殺されたこと事態ががあり得ないと考えますから、実際は農道にもっと近い付近に一時放置したのではないでしょうか。ですから、その隠した場所からは数メートルぐらいだったかもしれません。これは、実際に運んだ人でないと分からないことですが、判決のように、殺害現場から農道までは数百メートルはあります。禅公案さんも現地調査で歩いてみたと思いますが、とても運べる距離ではないですね。
いずれにしても、貴重なご指摘なので、そのうちコラム・ゆりかもめで検討させてください。
 

レンタル掲示板
/13